パソコン周辺機器 携帯/携帯アプリ

【OneDrive】iPhoneアプリからフォルダを共有する手順

投稿日:

iPhoneのOneDriveアプリでなかなか共有画面にたどり着けない方もおられるようです。もしくはパソコン(Windows/Machintosh)からでなければ共有出来ないと勘違いされている方もおられました。本稿では、iPhoneのOneDriveアプリで家族や友人にフォルダを共有する手順を紹介します。

onedrive-title

※本稿で確認している手順はiPhoneアプリのOneDrive9.7(2017/12/01時点で最新)にもとづきます。

<スポンサーリンク>

はじめに

iPhoneのOneDriveアプリでフォルダを他の方に共有することは可能です。ただ、手順が本能的にわかりにくいだけです。(これはパソコンやWebからの操作も同じことが言えますが・・・)

OneDrive自体やOneDriveのインストールに関しては以下の投稿を参照ください。

1. OneDriveでの共有の知識

共有する方法は大きく二通りあります。

  • ユーザーを指定した共有
  • 誰でも参照できる共有

”ユーザーを指定した共有”では編集の許可/禁止の設定も可能です。

そして、気を付けなければならないのが”誰でも参照できる共有”です。ちょっと間違った操作や中途半端な状態であると、誰でも参照できてしまう状態ができあがってしまうかもしれませんので注意してください。

通常は誰かを指定して共有すると思います。”ユーザーを指定した共有”を行うには、相手がWindowsアカウントを持っている必要があります。共有する相手のWindowsアカウント(メールアドレス)を確認しておきましょう。

尚、Windowsアカウントは無償で作成できますので、無かったら作成してもらいましょう。

2. iPhoneからのOneDriveフォルダの共有

iPhoneからOneDriveフォルダを共有する手順は実はとても簡単です。個人的にはわざわざブラウザを立ち上げてログインする手順が必要なパソコンからの共有と比べても簡単だと思います。

2.1. OneDriveを起動する

まず、iPhoneでOneDriveを起動しましょう。

起動直後は下にあるメニューの”ファイル”が選択されています。通常はその状態で、フォルダをタップしていきファイルや写真を参照します。

参照するのと同様の手順で共有したいフォルダを見つけることができたら、そのフォルダを長押し(長タップ)します。するとフォルダの右上に緑のチェックが入った状態になります。この画面で右上にある縦の3連の点をタップします。

OneDrive-share-07

ポップアップのようなメニューが出ますので、”詳細”をタップします

OneDrive-share-08

”詳細”をタップすると共有する画面に移ります。

2.2. 共有する

詳細の画面に”共有する相手   +”という表示がありますので、ここの”+”をタップします。

OneDrive-share-10

”共有する相手”のWindowsアカウント(メールアドレス)を入力します。右側の丸+をタップするとiPhoneの連絡先からWindowsアカウントを選択することもできます。共有した後に、このWindowsアカウントに通知されます。

OneDrive-share-09

デフォルトでは”編集を許可する”になっていますので、編集を許可しない場合はスライドをオフにしてください。

また、”サインインを求める”はデフォルトでオフになっています。サインインしないで参照してもらうというのはOneDriveの共有URLを知っていれば、誰でも参照できるという意味です。”サインインを求める”をオンにすることをおすすめします。一応ですが、この共有URLは結構わかりにくいURLにはなってはいます。

最後にある有効期限の追加はプレミアム(有料)の機能ですので、無償では使うことができません。

最後に右上の”追加”をタップすれば完了となります。

2.3. 相手に確認してもらう

共有先のWindowsアカウントに通知されているはずなので、確認してもらいましょう。

もし、通知が届かないのであれば、前手順の”共有する相手”のWindowsアカウントが間違っている可能性があります。

届いていても共有したOneDriveフォルダが参照できない場合、少し時間を置いてもらいましょう。経験則でしかありませんが、たまに時間がかかることがあるようです。

3. 家族・知人に共有してもらった場合は?

自分から共有する方法をお伝えしましたが、家族・知人から共有してもらった場合はマイクロソフトアカウントに来ているOneDriveのURLを参照(場合によって要ログイン)すればよいです。

「そのOneDriveフォルダに写真を置いて」と言われた場合はこちらを参照してください。

<スポンサーリンク>

まとめ

パソコンの手順をご存知であれば、iPhoneのOneDriveアプリの共有手順の方が簡単に思えるのではないでしょうか?

ただ、パソコン(実際はWebですが)から共有した場合、FacebookやTwitterなどのSNSによる通知が可能です。(逆に言うとそれくらいしか優位点は無い)

  • iPhoneのOneDriveアプリから共有は可能
  • OneDriveアプリからの方がパソコンからやるより共有が簡単
  • 長押しさえ覚えれば直ぐにできる

あまり、iPhone使っていて長押しって無いのですよね。普段使うとしたらiOSのデスクトップアイコンの移動ぐらいしか思い浮かびません。ただ、それさえ気づければiPhoneのOneDriveアプリからの方が簡単と思います。

-パソコン周辺機器, 携帯/携帯アプリ
-,

執筆者:

<スポンサーリンク>

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

iCloud-OneDrive-eye

【どちらを使う?】OneDriveとiCloud Driveの違い

マイクロソフトが提供しているOneDriveとアップルが提供しているiCloud Driveはよく似た機能を提供しています。どちらもファイルを共有することができ、どちらも複数のパソコンやスマートフォンからアクセスができます。どちらが使いやすいのか少し考えてみま …

iPhone8-eye

【iPhone8】何が良くなったのか? 購入前の最後の下調べ

いよいよ、iPhone8の発売がやってきます。私は買う気マンマンですが、あまりに期待外れだったら残念なので、念のために購入前の最後の下調べをしました。しかし、何が変わったのかをみてみようとすると結構難解でした。自分の為に調べたのですが、せっかくなので投稿にしま …

onedrive-eye

【OneDrive】共有されたフォルダにiPhoneアプリから写真を置く手順

自分のOneDriveのクラウドスペースに置く場合、写真アプリなどから直接置けますが、他の人から共有されたフォルダに置く場合はそれができません。本稿では、OneDriveを使ってiPhoneアプリから家族、友人が共有しているフォルダに写真を置く方法について説明 …

Windows10-02

【ずっと無償なのか?】Windows10 アップグレード

「Windows10への無償Upgradeは2016年7月29日まで」のはずでしたが、”何故かまだできる”と、ずいぶん長い間、話題になり続けています。実際にアップグレードを試してみましたので、その結果の報告と個人的な見解を述べていきたいと思います。 ※本稿は2 …

openoffice-eye

MS Officeが無くても大丈夫 OpenOfficeを使えばいい

OpenOfficeをご存じでしょうか?表計算や文書を作成する際に、Microsoft Officeのライセンスが無いからといって諦めていたり、購入に走ったりしたことありませんか?そんな時に無料で使える高機能のオフィスソフトがあったらどうでしょう?使ってみたい …

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿
Scroll Up