サイト運営

サイト運営の最初の一歩 Google Search Console に登録する

投稿日:2017年8月11日 更新日:

Google Search Consoleへの登録方法を書いていきます。サイトを開設した直後、流入元はほぼ検索に限られます。検索サイトで最も大きいのはGoogleです。Googleに認知されなければ、ほぼ意味のないサイトになってしまいます。サイトを開設したらまずはGoogle Search Consoleに登録していきましょう。

Google-search

<スポンサーリンク>

Google Search Console とは?

とても簡単に言うと、Google検索で自サイトがどのようにアクセスされているのかを知ることができるGoogleのサービスです。

公式には以下のように説明されています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

引用元:Search Console ヘルプ

我々にとってのメリットは自分のコンテンツをより多くの読者に参照してもらう元情報を得ることができることです。読者からのサイトの見え方もありますが、Google(検索)からのサイトの見え方も知ることができるのが大きいです。

Googleからすると良いコンテンツを検索結果として読者に提供できるということになるかと思います。(もちろん、他のサービスとの兼ね合いもあると思いますが)

Google Search Consoleを使う

Google Search Console自体には使用開始の手続きはありません。Googleのアカウントを取得することで、Google Search Consoleを使うことができます。誤解がある表現ですが、より分かりやすく言うとGmailのアカウントがあればよいのです。

既にアカウントを所有している場合でも、生活上使うアカウントとは別にサイト管理用のアカウントを作成した方が良いと思います。

Googleでアカウントを作る

まず、日本語のGoogleのホームページに行きます。

https://www.google.co.jp/

1.右上の■の並びをクリックし、アカウントをクリック

Search Console01

2.”GOOGLE アカウントを作成”をクリック

Search Console02

3.必須項目を入力

名前、ユーザー名等々入力項目がでますので、入力していきます。全て必須の項目になりますので、すべて入力してください。

Search Console03

4.使用許諾に同意

”プライバシーと利用規約”のダイアログが出ますので、全部読んで(下までスクロールして)内容に問題なければ、”同意する”をクリックします。これで、アカウント作成は完了です。

Google Search Consoleのページに行く

Search Consoleのページは基本はここからになります。ここからSearch Consoleの実サイトに移動する形です。

https://www.google.com/webmasters/

私がブックマークしているのは以下のURLです。ここは上記でいう”Search Consoleの実サイト”のURLです。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

自サイトを登録する

Google Search Consoleで最初に行うことは自サイトの登録です。

サイトの登録は右上の”プロパティの追加”から行います。

Search Console04

少々面倒なのですが、httpのみのサイトの方は2つ、https(SSL化済み)の方は4つ登録します。”はまとりねっと”の場合はSSL化しているので、4つ登録しています。

”ウェブサイト”を選択して、自サイトのURLを入れ、追加ボタンをクリックです。

Search Console05

はまとりねっと(”http://hamatori.net/”)は以下の4種類を登録しています。

http://hamatori.net/

http://www.hamatori.net/

https://hamatori.net/

https://www.hamatori.net/

手順で、サイトの所有者であるかどうか確認する手順が入ります。

Googleのヘルプは”サイトの所有者を確認する”です。

私は”HTMLをアップロードする”手順が一番簡単だと思います。具体的にはファイルを自サイトのルートに配置することになります。(public_htmlの下)

配置したファイルをGoogleが確認できれば、プロパティの登録は完了となります。

自サイトの設定をする

サイトを登録した後にどれか一つのプロパティをクリックし、メッセージを確認します。

Search Console06

”http(s)://<あなたのサイト>/ の検索パフォーマンスを改善できます”というメッセージが来ています。以下のようなメッセージ内容になります。

各手順はメッセージについている右のリンクから設定できます。

1 ウェブサイトの全バージョンを追加する

サイトの「www」を含むバージョンと「www」を含まないバージョンの両方を追加します。HTTPS プロトコルを使用している場合はそのバージョンも追加してください。

サイトを追加
2 優先するバージョンを選択する

Google 検索結果でサイトを「www」付きで表示するかどうかを選択します。

優先するバージョンを設定
3 ターゲットとする国を選択する

サイトが特定の国のユーザーをターゲットとしている場合は地域を設定します。

国を選択
4 同僚にアクセス権を付与する

自分以外のユーザーがレポートにアクセスできるよう、さまざまなアクセスレベルを追加できます。

サイトユーザーを管理
 5 サイトマップ ファイルを送信する

サイトマップを送信すると、Google がサイトを効率的にクロールできるようになります。

 サイトマップを送信

1.ウェブサイトの全バージョンを追加する

先の手順で4種類のURLをプロパティとして追加した手順が”ウェブサイトの全バージョンを追加する”という作業にあたります。従って、この作業は先の手順で完了しています。

2.優先するバージョンを選択する

www付きを優先するか、www無しを優先するかを選択します。これは4つのプロパティ全てで行います。以下の箇所から設定できます。(メッセージから飛んでもOKです)

Search Console07

”使用するドメイン”には、www有りの場合は2つめ、www無しの場合は3つめを選択します。4つのプロパティ全てで統一してください。

Search Console08

3.ターゲットとする国を選択する

これは設定しなくても良いかもしれません。大抵の方は日本だと思うので、日本を設定しておきます。以下の箇所で設定できます。(メッセージから飛んでもOKです)

ダッシュボード>検索トラフィック>インターナショナル ターゲティング

4.同僚にアクセス権を付与する

このサイトを見ている方は個人だと思いますので、作業不要です。

複数人で管理する場合は追加してください。

5.サイトマップ ファイルを送信する

サイトマップファイルを送信することで、比較的クロールしてくれるようになる・・・かもしれません。

ただ、特に立ち上げ直後Google検索は自分のサイトのことを知らないわけなので、サイトマップを登録して、自分のサイトが存在することを教えてあげる必要はあると思います。

全てのプロパティでやる必要はありません。メインのプロパティだけでやればOKです。メインのプロパティというのはhttpのみの場合、www優先であれば、”http:www.<あなたのサイト>/”ですし、無しの場合は”http://<あなたのサイト>”になります。

httpsになっていれば、httpsの方がメインになり、www有り無しでご判断いただければよいと思います。実際のところはどのプロパティからやっても同じだと思いますが、結局メインのプロパティしか操作しなくなるので、メインのプロパティでやった方が良いということです。

ダッシュボード>クロール>サイトマップ

右上の”サイトマップの追加/テスト”のボタンから行います。

サイトマップを手で作るのは大変なので、何らかのツールを使用いただいた方が良いと思います。私はYoast SEOを使っています。

ちなみにYoast SEOの場合はsitemap_index.xmlを親として、子のサイトマップファイルがいくつかできますが、ここで登録するサイトマップは親のファイルだけで良いです。

より早くサイトをGoogle検索にのせる(Fetch as Google)

上記の手順でGoogle Search Consoleへの自サイトの登録が完了しました。登録してからしばらくはアクセスデータもないので参照することは無いかもしれません。

そして読者にアクセスしてもらうには、読者にGoogleで検索してもらう必要があります。しかし、Google検索の元となるデータベース(インデックス)に入っていないと、作成した投稿はGoogle検索に表示されません。

この状態から脱するには、投稿した後にGoogle検索のbotにサイトに来てもらう必要があります。そこでサイト内の投稿(URL)を見て回ってくれますが、全部を見てくれるわけではありません。(サイトを見回ってくれることをクロールといいます)私の場合、Googleのbotは来てくれていましたが、投稿のURLは10%~20%ぐらいしか拾われていませんでした。

クロールしたものの中から選択してインデックスされます。インデックスされるというのは”Google検索に表示されるようになる”ということです。

  1. 投稿する
  2. クロールされる(第一の壁←これの依頼がFetch as Google
  3. インデックスされる(第二の壁

この第一の壁はかなり分厚く高いです。この壁を越えられずにいつまでたってもGoogle検索にかからないケースは多いのです。この第一の壁を越える手段がFetch as Googleになります。

Fetch as Googleを使うためにGoogle Search Consoleを使う人も多いでしょう。

インデックスに含まれているか確認する

Google検索で”site:<あなたのサイト>”をかけてみます。(”http://”、”https://”は不要です)

はまとりねっとの場合は以下のようになります。

site:hamatori.net

あなたのサイトでインデックスに含まれているリストが表示されます。そこに載っていなければ基本的にはインデックスされていません。

よくわからないのですが、siteしても時折漏れるケースがあるようなので、何回か試してみてください。

Fetch as Googleを使う

ダッシュボードからFetch as Googleを選択します。

ダッシュボード>クロール>Fetch as Google

Search Console09

1. URLの入力

URLを入力するのに”https://xxx.xxx/”以降を入れることに注意してください。この投稿の場合、以下のような入力になります。(頭のスラッシュまで既に記載されている)

2017/08/google-search-console/

”/2017/08/google-search-console/”と入れたところで一応確認してくれるのですが、”リダイレクトされました”というメッセージが出ます。(多分、それでもクロールはしてくれる)

私は何かケチが付くのが嫌なので、少しでも間違ったらやり直しています。

2. PC/モバイルの選択

インデックスするだけならPCのままで良いです。

次手順のレンダリングする際に、PCイメージとしてレンダリングするか、モバイルとしてレンダリングするかの選択肢となります。

3. 取得/レンダリング

ボタン押下で入力したURLを確認に行きます。

取得”と”取得してレンダリング”とありますが、インデックスするという意味ではどちらでも同じです。

レンダリングするとGoogle botから見えている画面イメージを参照することができます。

しかし、理由はわかりませんが、レンダリングする際に一部のファイルが参照できない事象が多く発生しています。かといって、これに”一部・・・”というメッセージがレンダリングの結果参照以上の問題になるわけでもありません。気にしなくて良いです。

レンダリングすると時間がよりかかるので、インデックスだけならば”取得”で良いです。(最近の私はレンダリングの結果も見ていますけど)

4. インデックスの登録リクエスト

URLの確認(もしくはレンダリングの完了)ができた後にインデックスの登録リクエスト”ボタンが表示されます。

このボタンをクリックすることでインデックス登録依頼が完了します。取得ボタン押下だけではインデックス登録リクエストは飛ばないので注意してください。

うまくいけば、このボタン押下から5分ぐらいでインデックス登録されます。

Fetch as Googleでインデックスされない

私はFetch as Googleを使ってもインデックスされなかったことがあります。

前述したとおり、”Fetch as Google”はクロールの依頼であって、インデックス登録そのものではないので、インデックス登録されないこと自体はあり得ることではあります。

しかしながら、普通は”Fetch as Google”でURLを登録すればインデックスされるのです。

そんなケースにあたったら以下のリンクを参照してみてください。

Fetch as Google でインデックス登録されないケースがある?

<スポンサーリンク>

まとめ

個人的にはサイトを開設したら、Google Search Consoleを使うものだと思っています。他のサイトとの関連があればよいですが、無ければFetch as Googleを使うのは必須だからです。

  • サイト開設後は速やかにGoogle Search Consoleに登録する
  • 投稿したらFetch as Googleを使う

Bing検索にも載った方が良いので、こちらも行うことをお勧めします。

-サイト運営
-

執筆者:

<スポンサーリンク>

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

AdInserter-eye

【AMP対応】Ad Inserter を使ってAMP広告挿入

AMP対応で、Ad Inserterプラグインを使ってGoogle AdSenseのAMP広告を挿入しました。AMPページへの広告挿入は、AMPならではのお作法があります。色々な手段があるとは思いますが、Ad Inserterを使って、AMP広告の挿入に成功し …

bing-logo

サイト開設 Bing Web マスターツールに登録をする

Bing web マスターツールへの登録方法を書いていきます。サイトを開設した直後、流入元はほぼ検索に限られます。検索サイトで最も大きいのはGoogleですが、2番手はBingです。Googleからの流入だけでなく、Bingの検索者も取り込むことで、より多くの …

blog-eye

【初心者向け】ブログ開設から行った11の事

ブログを開設してから早くも5ヵ月経ちました。一旦、ここらで何をやってきたのかをまとめてみようかと思います。これから開設する方や、ブログ開設直後の方には参考になると思います。ざっくりと書いていきますが、ブログ開設から安定するまでのロードマップみたいなことが分かる …

kabe_tachimukau

【ブロックされたリソース】A8.net ローテーションバナー

A8.netのローテーションバナーを使ってみていますが、Google Search Consoleの「ブロックされたリソース」にエラーが出るようになりました。Google botさんは結構細かく見に行くようで、scriptタグにあるsrc属性もクロールしている …

switch-ad-eye

デスクトップ/モバイル/AMPで広告コードを切り替える方法

ASP登録して、いざ広告を表示しようとしてみると考えることが多いことに気づきました。パソコン、モバイル、AMPで表示したい広告コードは違いますよね?そして一つのコードを挿入するだけでなく、広告コードを選択しながら表示しようとすると更に難解になります。皆さんどう …

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿
Scroll Up