WordPress

WordPress Slimstat Analytics は AMP をサポートするのか?

投稿日:

Wordpress Logo

WordPressのSlimstatはAMP解析をサポートしていません。皆さんも「サポートしたらいいだろう」と思っているでしょう?私はちょっと思っています。本稿ではSlimstatがAMPをサポートするのかしないのかについて述べていきます。

Slimstat

※本稿は2019/05/21時点の情報に基づいています

<スポンサーリンク>

1. AMPをサポートしないSlimstat

まず、SlimstatはAMPのアクセス解析をすることができません

ここの追記のところに書いている通りです。

「アクセスを拾うためのJavaScriptの埋め込みコードはあるのですが、AMPでは独自のJavaScriptは使用できないので、これも使うことができません。」

こういう事ですね。

 

2016年初頭にAMPが公開されました。それより3年半もの間、SlimstatはAMPをサポートしていません。

AMPをサポートすれば、一つのツールでアクセス解析できて、便利になります。寧ろ、Slimstatが何故AMPをサポートしないのかがわかりませんでした。

2. AMP Analytics Tracking Support for AMP

この題目は「Niresh」さんがSlimstatのサポートに投げた質問です。質問の内容は以下の通りです。(日本語訳)

現在、ページはAMP HTMLでも配信されていますが、それでもWP-Slimstat
はトラッキングビューをサポートしていません
が、AMPはトラッキングシステムの調査において明確なガイドラインを持っています。

https://amp.dev/documentation/examples/components/amp-analytics/?format=websites
WP-SlimstatでもうすぐAMP Analyticsを入手したい

これ、「AMPが解析において明確にガイドラインを出しているにも拘らず、SlimstatがAMPの解析をサポートしていない。はやく実装してくれよ。」ということを言っています。

これに対してJason Crouseさん(プラグインの作成者)は(途中は随分と省きますが)こう答えています。(日本語訳)

(前略)

繰り返しになりますが、最終的には実装しない予定です。

最終的には実装しないとのことです。

原文はこちらです。

3. Jason Crouseさんの言い分

まず、最初に「amp-analyticsのリンク先の文書について知らなかった」ということです。その上で、「文書先を調査する」と言っています。彼の調査が終わった時点でのコメントの要点は以下の3点です。

  • 現時点でこの機能を要求しているユーザーは少ない
  • AMPページを使用する目的は、パフォーマンスの向上のため
  • 追跡ツールはパフォーマンス向上に反する

なるほど。

確かにAMPページの目的からずれますね。

でも、「現時点でこの機能を要求しているユーザーは少ない」は「本当かな~?」と思います。現にNireshさんが強く求めていますしね。

<スポンサーリンク>

まとめ

残念ながら、Slimstat AnalyticsにはAMP解析機能は実装されないようです。

まぁ、話としては分かった・・・

  • Slimstat AnalyticsにはAMP解析機能は実装されない

でも、実装したら使ってみたい機能ですよね。

-WordPress
-

執筆者:

<スポンサーリンク>

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

kabe_tachimuka

【ブロックされたリソース】A8.net ローテーションバナー

A8.netのローテーションバナーを使ってみていますが、Google Search Consoleの「ブロックされたリソース」にエラーが出るようになりました。Google botさんは結構細かく見に行…

もっと見る

matches

WordPress ウィジェット表示をコントロール Widget Logic

任意のウィジェットを携帯端末からのアクセスで表示させたくない場合はありませんか?私は結構あります。例えば、Popular Postsのランキングは携帯端末で表示すると今一つという感じがします。そこで”…

もっと見る

twitter

Twitterのタイムラインをブログに埋め込む手順

今までFacebookとTwitterはなんとなく避けてきましたが、Twitterの方を始めました。Twitter始めたからには何らかの形でブログと連携したくなりますよね。そこでTwitterのタイム…

もっと見る

wordpress-logo

WordPress 5の新エディターが酷かったので Classic Editor を入れた

WordPress4.9で粘っていたのですが、5.1.1が出たということで粗方バグも処理されているだろうと思いUpdateしました。ところがGutenbergという新エディターがあまりにも使いにくかっ…

もっと見る

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿
Scroll Up