WordPress サイト運営

【AMP】Google Analyticsに表示されるusqp=mq331の意味は何?

投稿日:

AMP対応をして、Google Analyticsを確認するとURLの語尾にusqp=mq331xxxが付いたアクセスを確認できます。このアクセスはいったい何なのか最初は困惑しました。調べてみて、スパム系のアクセスではないとわかって、安心した方もおられるのではないでしょうか?私もその一人です。そこでもう少し調べてみました。

q331-title

※2017年10月時点に調べた内容になります。

<スポンサーリンク>

usqp=mq331xxxxとは?

AMPページへのアクセスはそのほとんどがOrganic検索からの流入です。他はほぼDirectですが、一部referralもあるようです。

Organic検索もほぼGoogle検索ですが、Yahoo検索もいつの間にかAMP対応していました。私はAMPページが出ている記憶がないのですが、実際にYahoo検索からのアクセスもあります。

Yahoo検索は2017年3月からのようですね。

Google Analyticsの(参照)ページにはこのように表示されます。

/<URL>/amp/?usqp=mq331AQECAAYAA==

これにはバリエーションがあり、mq331以降は複数のパターンがあります。(2017年10月以降です。2017年9月以前は1パターンでした。)

直近のAMPアクセス1000件では以下の6種類を確認しています。

usqp=mq331AQCCAE=
usqp=mq331AQECAAYAA==
usqp=mq331AQECAEgAQ==
usqp=mq331AQECAEYAQ==
usqp=mq331AQGCAAYACAB
usqp=mq331AQGCAEYASAB

ただ、Organicでも、/amp/で終わる(つまり”usqp=mq331xxxx”の付与が無い)パターンも存在しています。また、更に&amp_liteが追加で付与されているものがあります。

調べて分かったこと

いくつかわかったことを説明していきます。

スパムではない

これはスパムのアクセスではないということは間接的にAMPプロジェクトの人がTwitterで言っています

Yep. It is an AB test. Specifically for a part of the “twice as fast” that this article here refers to

引用元:Twtter Malte UblさんのTweet

つまりはテスト用のコードということですね。

対象としている記事は2017年5月のAMPの速度改善についてですが、少なくともその当時はテスト用のコードであったことは間違いなさそうです。

時期による違い

9月の時点ではmq331AQCCAEのパターンしか存在せず、それ以外のパターンは10月以降に見つかっています。mq331AQCCAEは上述のテスト用のコードと思われるので、これは速度改善に関わるものと考えられます。

2017年10月以降のパターンの変更に関しては、あまり情報元が無いのですが、以下のリンク先が少し説明してくれています。(スペイン語)

2017年10月からは新しいパターン(mq331AQECAA)に変更したようなことが書かれていますが、実際のところはmq331AQCCAEのパターンも10月にあります。

端末の違いではない

iPhoneとAndroidの端末からアクセスを確認しましたが、両方とも”mq331AQECAAYAA==”の結果が出ました。

単純に端末のOSを見て出しているわけではないようです。

ブラウザの違いではない

同一端末で複数のブラウザから試してみましたが、両方とも”mq331AQECAAYAA==”の結果がでました。

ブラウザの種類を見て出しているわけではないようです。

検索エンジンの違いではない

最初はGoogle検索とYahoo検索で仕分けしているのかと思いましたが、どちらも同じパターンが見られます。

検索エンジンの種類を見て出しているわけではないようです。

想像(妄想)してみる

上述の結果からは環境の違いで出力しているような感じは全くしません。つまりは、AMPの仕組み自体へのテストだと思いました。

AMP表示はWebサーバーから表示しているパターンとキャッシュから表示しているパターンがあります。特にキャッシュしているパターンでより速く出力するパターンを試しているのではないかと思いました。

しかし、10月のアクセスを確認してみると9割程度が”mq331AQECAAYAA==”のパターンなので、外れているような気もします。キャッシュ無しの場合とキャッシュ有りの場合で異なるのかもしれません。これは確認の仕方がわからないのでやっていません。(一応キャッシュはクリアできるっぽぃのですが)

<スポンサーリンク>

まとめ

結局、なんなのかわからなかったのですが、少なくとも悪さをするものではなくて、Googleのテスト用のオプションのようなものだということでした。そして今後も種類が変わって来るはずです。

  • 以前は”mq331AQCCAE=”の1種類だった(2017年9月以前)
  • mq331xxxには複数のパターンが存在する(2017年10月以降)
  • mq331xxxはGoogleのテスト用のオプションである
  • 接続環境ではなく、AMPの仕組みに対するテストである(多分)
  • 気にしなくていい

時間かかった割に、大した結論を得られませんでした。我々ユーザーが気にしなければならないものではありませんね。

-WordPress, サイト運営
-, ,

執筆者:

<スポンサーリンク>

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

関連記事

Glue-eye

【AMP対応】Glue for Yoast SEO & AMP の使い方

AMP対応にGlue for Yoast SEO & AMPを採用しました。Glue for Yoast SEO & AMPは”AMP”プラグインを補佐する位置づけにあります。本稿では”AMP”プラグインで不足する部分をGlue for Y …

WordPress サイト開設から導入したプラグイン

ブログ開設から半年程度たちました。入れたプラグインを整理してみます。好みは有ると思いますが、ご参考になれば幸いです。 目次1 はじめに2 1. 必須系プラグイン3 2. 超おすすめ/入れた方が良いプラグイン4 3. おすすめ/無かったら無かったで別にいい5 4 …

amp-error

WordPress プラグインでAMPページが全滅した話

プラグインを入れたらAMPページ全てにエラー(致命的)が出ました。自業自得というところもあるので、今回のことを教訓として忘れないように投稿にしておこうと思います。プラグインの場合、ページ全てに影響があるので、プラグインで失敗すると全滅するというわけですね。 ※ …

AdInserter-eye

【AMP対応】Ad Inserter を使ってAMP広告挿入

AMP対応で、Ad Inserterプラグインを使ってGoogle AdSenseのAMP広告を挿入しました。AMPページへの広告挿入は、AMPならではのお作法があります。色々な手段があるとは思いますが、Ad Inserterを使って、AMP広告の挿入に成功し …

GoogleAdsense-eye

Google AdSenseの申請手順と驚きの結果

当サイトも恐る恐るGoogle AdSenseに申し込みをしてみました。申し込み手続きの手順を簡単にまとめましたので、ご紹介します。ネットでは2016年から厳しくなったとの噂が流れていましたので心配していましたが、無事に審査に合格することができました。 本稿は …

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

サイト内の検索はこちらから

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

RSS icon


Scroll Up